ブログ

足底筋膜炎【ランナー】


30代 女性

昨年の夏からランニングを始め、

コツコツと練習を重ね、

今シーズンの姫路城マラソンでフルマラソンデビューをされるそうです。

「ランニング」の画像検索結果

 

フルマラソンに出場するために、

練習量が少し増えて、走る距離も長くなってきた所

走り始めに足底部に痛みが出るようになり来院されました。

 

走り初めの5~10分は痛みがあり、

我慢して走っていると痛みは消えるとのことです。

 

みたところ、腫れはなく拇指球の下部に圧痛があります。

動作痛はなく、日常での痛みはないそうです。

 

患部の状態だけではなんとも判断できないので

脚全体を診ていくと、ふくらはぎが非常に張った状態で

股関節が内股になっています。

 

この状態はランナー膝や股関節痛になりやすく

現に、足底部の痛みが出る前は膝に痛みが出ていたそうです。

 

練習のペースをお聞きしたところ、1キロ6分半~7分で

フルマラソン完走を目指しているとのことでした。

 

以上の事から考えられる事は

1つめ

股関節が内股になっている為、

足部の動きが過度の回内運動を強制されています。

 

2つめ

ふくらはぎが非常に張っているので

歩幅が狭く、股関節や大腿部の筋肉がうまく使えずに

足がすり足となり足底部への負担を大きくしています。

 

3つめ

練習後のケアが足りていない為に疲労が蓄積している。

 

 

この3つの原因で痛みが出ています。

幸いな事に腫れがないので、練習しながら施術をしていきます。

 

 

まずは足底筋とふくらはぎの筋肉の緊張を緩めていきます。

この部分の筋疲労をしっかり取っていきます。

疲労が蓄積してしまうとシンスプリントという怪我になってしまいます。

 

次に、股関節の内股を調整していきます。

特に右足の内旋がきつくでていました。

 

最後に脚全体のストレッチを行いました。

 

ランニングフォームと足底のセルフケアをお伝えして

1週間後にもう一度、ご予約を取っていただきました。

 

足底の痛みは、足首や膝、股関節の痛みの引き金になることがあります。

痛みがしっかり取れるまではしっかりと治療をした方が良いでしょう。

 

 

マラソンシーズン真っ最中です。

走れなくなる前にご相談ください。

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2019.12.04

page top