ブログ

背部痛


60代 男性

起床時に毎日ストレッチをされているようで

いつものようにストレッチを行うと

右の肩甲骨の内側に痛みが出たということで来院されました。

 

可動域のテストをしていくと

正常に動くものの、肩関節の外転からの挙上時に抵抗感があります。

朝ほどの痛みはないようで、

違和感があり、引っかかる感じがあるとのことです。

 

いつものように、全身を観て姿勢のチェックをしていきます。

この方はかなりの筋肉質で、

昔は合気道、現在はゴルフをされているようです。

問題があるのは、肩甲骨の位置と骨盤の角度でした。

 

背骨のS字湾曲がきつく、背中は丸く、腰は反っている状態になっています。

 

肩以外の症状は訴えられていませんでしたが、

骨盤周囲の痛みや違和感はありますか?

とお聞きしたところ、左座骨の下に時々「ピリっ」とした痛みがあるそうです。

特に、車の運転しているときにそれが現れる様です。

 

まず、肩の痛みは背骨の湾曲がきつい為、

肩甲骨が外側に広がる事で、肩甲骨の内側にある

菱形筋、肩甲挙筋が引き延ばされ、痛みと違和感を出しています。

 

次に、座骨の下の痛みは、骨盤が前傾している為、

座骨の位置が上方に上がります。

その為、太ももの裏側にある、

ハムストリングスが引っ張られ痛みを出しています。

 

治療は症状の強い肩から行います。

まずは、肩甲骨を外側に広がる原因の

小胸筋、前鋸筋、を緩めていきます。

次に肩甲肋骨関節のストレッチを行い、肩甲骨がスムーズに動くようにします。

湾曲の強い背骨の矯正を行う前に

脊柱起立筋の緊張を取ってから背骨の調整を行います。

特に、胸椎部の湾曲が強いのでそこに一番時間がかかっています。

 

これで、肩の痛みを確認すると痛みは取れています。

 

続いて、骨盤の調整をしていきます。

骨盤を前傾させている、腸腰筋、大腿前面の筋肉が伸びるようにストレッチを行います。

筋肉が伸びて、骨盤が動きやすくなったところで

直接骨盤を押しながら調整していきました。

 

背骨の湾曲は、日常生活の姿勢ですぐに戻ってしまうので

1週間後にもう一度、治療を行いました。

 

筋肉の状態は柔らかくなり

可動域は広がっていましたが、

座骨の下の痛みが車に乗るとでてくるとのことです。

 

根本的な筋肉のバランスを整えていく必要があるので

次回からトレーニングを併用しながら治療を行っていきます。

 

この方のトレーニングのメニューは

骨盤の前傾を防ぐ為に、腹筋、ハムストリングス

肩甲骨の外転を防ぐ為に、菱形筋、広背筋

背中をまっすぐに保つ為に、脊柱起立筋、僧帽筋

を鍛えるメニューを組んでいきます。

 

 

一概に身体の歪みといっても

人によって千差万別です。

 

それぞれの足りない部分、弱っている筋肉を見極め

メニューを組んで、短期間で効果的なトレーニングになるようにしていきます。

 

筋力の低下や身体の歪みを感じている人は多いと思います。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2019.12.02

page top