ブログ

投球時の肩の痛み


20代 男性

野球をした後に肩に痛みが出るとのことで来院されました。

以前から野球をした後の痛みはあったそうですが

ご自身でアイシングをしながら様子を見ていたそうです。

徐々に痛みが強くなり、

アイシングをしても1ヶ月ほど痛みが取れなくなってきたので当院を受診されました。

 ヤバ杉内】今年のNHK旗始球式は鹿児島が誇るあの名将たちの対決 ...

ポジションはピッチャー

練習頻度は週に1回1~2時間ほど

痛みが出るのは、小円筋、棘下筋部

ボールを後ろに持って、肩関節が外転、外旋した後、

内旋に移行する時に痛みがでます。(コッキング期)

野球肘 – 社会医療法人松田整形外科記念病院

 

腫れも無く、

肩板の炎症も出ていないので

オーバーユースによる疲労が原因と考えられます。

疲労といっても、このまま投げ続けると

いずれ鍵盤損傷になる可能性もありますので治療は必要です。

 

 

週一回の練習でオーバーユースになるのは

学生の時と違い、練習量が減る事により筋肉が減少するのが原因です。

また、練習後のストレッチや投球前のウォーミングアップが

十分に行えていないのも原因となります。

 

 

治療は、筋緊張が強い小胸筋、肩甲挙筋を緩めていきます。

次に、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋を調整していきます。

最後に肩甲骨のストレッチを行い、肩関節の可動域を広げて行きます。

 

 

治療後、シャドーピッチングをしてもらったら

痛みはほとんど感じていなかったので

野球の練習は休まずにやってもらいました。

 

練習後にもう一度来院してもらうと

痛みがほとんどなかったので

インナーマッスルのトレーニングをお伝えし治療は終わりとしました。

 

 

 

 

20代、30代の方に多いですが

学生の時の感覚でスポーツをやっていると

筋力や柔軟性が落ちている事に気づかず

今回の様な痛みになるケースがあります。

 

今回は、軽傷ですみましたが、

肩板損傷や肉離れなどを起こす場合もあります。

十分なウォーミングアップと

適度なストレッチをすることで怪我は防げます。

 

 

 

怪我のリスクは避けて、スポーツを楽しみましょう!!

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2020.06.30

page top