ブログ

坐骨神経痛が起こることも…椎間板ヘルニアを予防する方法


 

腰椎椎間板ヘルニアは、日頃の生活の中で椎間板へ負担が積み重なって発症することが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアは、日常生活がままならないくらいの激痛で、

仕事を休んでしまったり、家事ができなくなってしまうなど、生活に支障の出る病気なのです。

また、椎間板ヘルニアによって坐骨神経痛が起こることもあるのです。

そんなつらい椎間板ヘルニアを発症しないように、

今回は、椎間板ヘルニアの主な要因と予防法についてご紹介します!

 

 

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは、椎間板が変性して、

突出することで周辺の神経を圧迫して痛みなどの症状を起こす病気でのことです。

椎間板は、背骨の骨と骨の間にあってクッションのような役割をしていますが、

これが変性して、組織の一部が飛び出して、神経が圧迫されると、

手足のしびれや痛みを感じたり、手足の動作がしづらいなどの症状が出てきます。

また、坐骨神経痛は、坐骨神経を圧迫する状態で、

椎間板ヘルニアによって坐骨神経痛が起こることもあるのです。

お尻から太ももの裏側に痛みが生じると、坐骨神経痛の場合もあり、

腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状とされています。

ちなみに、首の部分である頸椎椎間板ヘルニアは、

手足のしびれ、首筋・肩甲骨の辺りにも痛みやしびれの症状が出ますが、

椎間板ヘルニアでは、足・お尻の痛みやしびれなと下半身を中心に症状が出ます。

ヘルニアが発生する場所により、しびれ・痛みの場所が異なってきます。

 

 

椎間板ヘルニアの主な原因

椎間板ヘルニアの発症には、姿勢・動作などの環境要因と、

もともとの体質・骨の形などの遺伝要因、そして加齢によるものがあります。

・負荷を受けることによる椎間板の劣化

・生活習慣などの環境的要因

・外傷や遺伝的要因

・日常の姿勢(反り腰・猫背)

・肥満による椎間板への負荷

・加齢による経年劣化

・喫煙(毛細血管の血流悪化の恐れ)

 

 

椎間板ヘルニアの治療法

椎間板ヘルニアの治療法は、保存療法と手術療法があり、

自然治癒することもあるため、

まずは保存療法から治療が進められ、症状の改善を目指すことが多いです。

 

・安静にする(必要とされた場合)

傷ついた神経に負担をかけないように、無理のない姿勢で過ごします。

 

・薬物療法/理学療法(必要と判断された場合)

薬物療法:筋弛緩薬・非ステロイド性消炎鎮痛薬など使用して、痛みの症状を抑えます。

理学療法:安静・薬物療法によって痛みが治まった後、ストレッチなどのリハビリを行います。

 

・神経ブロック

ステロイド薬・局所麻酔注射などで痛みを緩和する治療法です。

椎間板ヘルニアは急激に悪化してから、1週間くらい経過したあたりが痛みのピークになることが多いため、

安静・薬物療法・理学療法を行います。

2週間くらい経過した後も症状に改善がみられずに日常の動作に支障が出る場合に、神経ブロックを検討します。

 

・手術

数か月経過しても症状が改善しない場合や、より日常生活に大きな支障が出る場合には手術が検討されます。

 

 

椎間板ヘルニアを予防するために必要なこと

椎間板ヘルニアの予防が期待できることは、

運動、体重コントロール、姿勢を正すことです。

椎間板ヘルニアの予防には、適正体重を保ち、筋肉をつけることが大切となります。

適度な運動を無理のない範囲で継続することが良いでしょう。

例えば、腕を大きく振りながらのウォーキング、ジョギング、

スイミング、水中ウォーキング、ストレッチなどがおすすめです!

また、重い荷物を持ち上げる時には中腰にならずに、膝をしっかり使って持ち上げ、

なるべく椎間板に負担をかけない生活行動も心がけることが重要です。

椎間板ヘルニアは必ずしも激しい痛みが出るとも限りません!

少しでも気になる症状や違和感がある場合には、早めに医療機関で受診をしましょう。

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2020.06.26

page top