ブログ

仙腸関節部の痛み


20代 男性

腰痛を訴えて来院されました。

 

痛みが出るのは、長時間立ったまま過ごしていると

右側の腰の少し下のあたり、仙腸関節部に痛みがあるようです。

「仙腸関節」の画像検索結果

 

 

週に4回2~3時間、ジムでクライミングをされて、

休みの日は山の岩場をクライミングするそうです。

 

クライミング歴は9年だそうで

背筋はしっかり発達し、身体の柔軟性も高いです。

 

痛みの原因を探っていくと

骨盤の前傾でした。

 

クライミングで指の力だけでぶら下がっていると

背筋が使われます。

背筋が優位になると、骨盤は前傾していきます。

クライミング中は、腹筋を使ったり

足を広げているので、骨盤の前傾は必要最低限に抑えられます。

 

しかし、仕事などで長時間立っていると

腹筋に比べ、背筋の方が発達しているために

徐々に骨盤が前傾していきます。

 

 

骨盤は

腸骨+座骨+恥骨で構成する寛骨(かんこつ)と

背骨の延長部分の仙骨で構成されます。

寛骨は大腿骨(ふとももの骨)と関節をつくります。

「骨盤」の画像検索結果

上半身の重みを支える仙骨と

下半身の力を受け止める寛骨。

骨盤が前傾していくとここに捻れた力が発生します。

その捻れた力により痛みが出ています。

 

 

治療は

背筋の緊張を取って行きます。

普段からストレッチをご自身でされているだけあって

とても柔らかい筋肉ですが、

脊柱起立筋は硬くなっています。

 

次に股関節のストレッチを加えながら

骨盤に生じた捻れの力を取って行きます。

最後に背骨の矯正を行い1回目の治療を終わりました。

 

腹圧を高めた立ち方をしていけば痛みは無くなって行くでしょう。

 

 

仙腸関節に痛みが出る方は多いですが

その原因は様々です。

今回の様に同じ姿勢で痛みが出る場合もあれば

ぎっくり腰のように激痛が突然来ることもあります。

 

症状によって治療の仕方は変わってきますので

お悩みの方はご相談ください。

 

 

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2020.03.11

page top