ブログ

腰痛の原因・予防について


 

腰痛で辛い思いをした経験がある方は少なくないかと思います。

要と言われるこの部位は、ちょっとしたことがきっかけで痛みを発生させたり不具合が起きてしまいます。

そのため、日ごろから注意することが必要です!

座り方が悪かったり、長時間座りっぱなしであったり、長時間の立ちっぱなしも、腰に負担をかけてしまうのです。

他にも、太っていることで腰に負担をかけていることも多く、様々な面から見ても太り過ぎは良くありません。

運動することで筋肉を鍛えることができますし、ダイエットも期待することができますので、

無理しない程度から始めてみてみることがおすすめです。

適度な運動は、腰痛予防にもつながりますよ。

 

 

腰痛になる三大要素

腰痛には、なりやすい人と、なりにくい人がいます。

腰痛になりやすい人は、運動不足など生活習慣に関係することが原因の場合や、

筋肉が弱っていることなどが原因の場合が多いです。

また、職業によっても、なりやすい人となりにくい人がいるので、

腰痛を避ける為に運動習慣を身につけることが大切なのです。

 

筋力の衰え・運動不足

年齢を重ねると、筋力の衰えを感じやすくなります。

また、若い方でも運動する習慣がないと筋肉が衰えて腰痛を招く原因になることもあるのです。

運動不足の状態は血流が悪くなりがちです。

血行不良もまた、疲労物質が溜まりやすくなる原因となるので、腰痛を招きやすくなってしまいます。

 

腰に負担のかかる姿勢を長時間続ける

腰に負担がかかる姿勢を長い間続けていると、腰痛の原因となってしまいます。

立ちっぱなし、座りっぱなしなども要注意ですし、

スマホの長時間使用も、無理な姿勢を長い間続けていることが多いため危険なのです。

他にも、職業によって、重いものを運んだり、持ち上げたりする姿勢を何度も繰り返す行為も腰に負担をかけ、

体を折り曲げた姿勢で作業を行うことが多い方も、腰痛になりやすいと言われているので注意が必要です。

 

腰痛の改善や予防に効果的な3つの筋肉の部位

筋トレは、筋肉を鍛えることができるのはもちろんですが、

腰痛の予防や改善が期待でき、血流を良くする効果もあるのでおすすめです。

また、ストレッチや体操などを取り入れるのも良いでしょう!

日頃から無理をしない程度に体を動かしておくことが大切ですね。

ただし、腰痛の症状によっては、傷みが悪化することもあり

筋トレをしない方が良い場合もありますので注意しましょう。

無理して筋トレを行ったことで腰痛が続く場合は、一度医師に相談してから判断すると良いでしょう。

・腰回り

腰回りの筋肉を鍛えることで、背骨をしっかりと支えることができるようになります。

また、腰回りの血流も良くすることができますので、腰痛予防には効果的です。

・大腰筋

大腰筋は、体の奥にある、いわゆるインナーマッスルのことを言います。

ここが硬くなってしまうと、腰痛が出やすくなると言われているのです。

悪い状態で固まってしまうと、場合によっては、その状態が腰に大きな負担をかけてしまうことがあるのです。

・腹筋と背筋

腹筋が弱い状態の方も、腰痛が起こりやすいと言われており、

こういった方は、腹筋と背筋を鍛えることで腰痛が改善されることもあります!

しかし、中には効果があまり得られない方や、悪化させてしまうケースもありますので注意が必要となります。

 

 

今回は、腰痛の原因と予防についてご紹介しましたがいかがでしたか?

腰痛になりやすいのは、長時間の座りっぱなしや立ちっぱなしがの方が多く、

同じ姿勢を長く続けるような仕事をしていたり、体を折り曲げるような姿勢をよくしたりする方も危険なのです。

太りすぎや運動不足なども、腰痛の原因になるので注意しましょう!

腰痛を防ぐために、筋トレをすることがおすすめですよ。

日頃から無理をしない程度に体を動かしておくことが大切です。

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2020.03.13

page top