ブログ

ストレートネックがもたらす症状②


 

ストレートネックがもたらす身体症状

ストレートネックになってしまうと

首の痛み、肩こり、頭痛、頭重感、上が向きにくい、腰痛

手のしびれ、めまい、耳鳴り、吐き気、胸やけなど、

様々な症状を引き起こします。

また、酷くなるとストレートネックの影響で血流が悪くなり、

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血に罹ってしまう可能性もありとても危険なのです!

普段から首の痛み、肩こり、頭痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか?

一見、ストレートネックと腰痛には何の関係もないように思えますが、

ストレートネックになってしまうということは上半身の歪みも引き起こしてしまいます。

その歪みは次から次へと連鎖し、骨盤、さらに腰椎にまで達し、

その結果として腰痛になってしまう恐れがあります。

この他に、ストレートネックになっていても、上記に挙げたような症状が現れないというパターンもあり、

知らず知らずのうちになっている場合もあるため、一度調べてみることをおすすめします。

ストレートネックや猫背はだらしない印象を他人に与えてしまいがちなので、

そういった意味からもぜひとも改善したいですね。

ストレートネックは完全に治すことは出来ず、

病院ではストレッチやマッサージ、薬を使った治療がありますが、これといった解決策がないのが現状となります。

しかし、ストレートネックになってしまったとしても、改善することは可能です!

また、ならないためにも早めの予防が重要です。

 

 

ストレートネックのセルフチェック方法

ストレートネックになっているかのチェックポイントをご紹介します!

まず、壁を背に直立し、

その後、かかと、仙骨、肩甲骨、後頭部がそれぞれ壁につくかを確認します。

正常な首の場合は、かかと、仙骨、肩甲骨、後頭部のすべてが壁にぴったりとくっつきます!

しかし、後頭部が壁につかない場合は、ストレートネックになっている可能性が非常に高くなります。

その他のチェックポイントとしては下記のものがありますので確認してみてください。

・長時間のデスクワークが多い

・スマートフォンを長時間使用している

・首を後ろに反らした時に痛みを感じる

・猫背になっている

・肩こりになりやすい

・頭が重い

・頻繁に偏頭痛になりがち

少しでも当てはまるものがある場合は、ストレートネックになっている可能性があります。

 

 

普段の生活の中で首をきちんと休ませてあげる

ストレートネックを避けるためには、正しい姿勢で首に負担をかけないことが最も重要です。

しかし、日々の暮らしの中では、デスクワークや家事など、うつむいた姿勢で過ごすことが多いです。

その間、私たちの首はずっと重い頭を支えて頑張っているのです!

私たちはただでさえ首に負担がかかりやすい生活をしているにもかかわらず、

さらにデスクワークや家事の合間にスマホをチェックでは、

本人は休憩しているつもりでも首にとっては休まる暇がありません!

また、電車などでの移動中にスマホを見るにしても、

ずっとうつむいたままでいるとこれも首には悪影響です。

首が悲鳴をあげる前に、こまめに休ませてあげることが大切です。

また、ときにはストレッチで首周りの筋肉をほぐすと良いですよ。

首もとを温めてから行うとより効果的となります。

 

 

睡眠時間は首を休める唯一の時間

首の休息には、睡眠も重要となります。

1日のほとんどの時間、私たちの首は頭の重さを支えて過ごしているため、

睡眠時間は、首が頭の重みから解放されて休める唯一の時間なのです。

睡眠時間は安静を保つ副交感神経が優位になる時間です。

首に疲労がたまってくると、この副交感神経のはたらきが低下してしまいます。

するとなかなか寝つけなかったり、眠りが浅かったりすることがあるのです。

しかし、たとえ眠れなくても横になり、首の筋肉をリラックスさせることが大事になります。

寝つけないからといって、起き上がってスマホを見るのは避けましょう。

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2020.08.28

page top