ブログ

ストレス、寝不足が原因のぎっくり腰


コロナウィルスの影響で生活ががらりと変化し

精神的なストレスをかかえている方も多いと思います。

 

ストレスが溜まり、考え込むと睡眠が取れなくなる方も少なくないでしょう。

睡眠が取れずストレスがかかってくると

交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると筋肉は緊張しっぱなし

そんなときに負荷がかかると痛みが出やすくなります。

 

同じような理由で

ぎっくり腰の方が立て続けに来院されました。

 

お二人に共通しているのは

ストレスが溜まり、あまり寝むれていない事

骨盤が前傾し腰椎の前弯がきつくなっている事

 

この二つが原因で痛みを起こしています。

 

痛みが出ている部分は仙腸関節です。

株式会社プログレスアカデミー | 究極の仙腸関節アプローチアカデミー

 

腰椎の湾曲がきつくなり、筋肉の緊張がひどくなってくると

この部分に負荷がかかります。

 

仙腸関節というのは

背骨の延長の仙骨と

大腿部の骨が付く腸骨で作られる関節です。

 

大人になってからはほとんど動かない関節です。

 

この部分に負荷がかかると捻れの力がかかり

それに耐えきれなくなると炎症を起こし、ぎっくり腰になります。

 

治療は炎症部分である仙腸関節をアイシングします。

そして,骨盤の前傾の原因となっている

中殿筋と背筋の緊張を取って行きます。

 

力任せに「揉む」のは絶対やってはいけません。

 

ストレッチを繰り返す事で

中殿筋と背筋の緊張はとれます。

 

筋肉の緊張は取れても関節の炎症は残っているので

痛みはすぐに取れません。

 

患部の安静を保つ為に、さらしを巻きます。

10メートルぐらいのさらしを「いい塩梅」で巻いていきます。

 

これを3日繰り返すと痛みが取れていきます。

もちろん個人差はあります。

 

今回の患者様は

お一人は二日でさらしがとれました。

もう一人は一日でさらしがとれました。

 

さらしが取れたら、体幹トレーニングを少し行っていくと

恐怖心も取れて、痛みも楽になっていきます。

 

どのようなメニューを行うかは痛みが残る位置で変わってきます。

 

 

精神的に辛いことがあり、身体も痛くなるのは

「泣きっ面に蜂」です。

そうならない為にも、ストレスが溜まったときに

ストレッチやウォーキングで気分を発散させましょう!!

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2020.06.08

page top