ブログ

骨盤後傾のぎっくり腰


ぎっくり腰の記事の途中ですが、

少し前に当院に来院されました患者様の例です。

 

40代 男性

トラクターに乗って、田んぼを耕した後

 

トラクターから降りる際に、腰に激痛があり来院されました。

 

 

俗にいうぎっくり腰です。

 

今までも、農作業をして腰に痛みはあったものの

 

今回の様に痛みが酷くなることはなく

 

ほっておくと痛みが取れていたとの事です。

 

痛みが強く出ているのは

 

腰椎3番から4番の高さにでています。

 

腰部脊柱管狭窄症の特徴|診断と治療法の決定|腰部脊柱管狭窄症|治療と予防|痛みの原因と治療法-QLife痛み

 

痛みの原因は、骨盤の後傾です。

 

骨盤の後傾がきついので

 

腰椎の湾曲が後弯し、着地した際に

 

腰に負荷がかかり、痛みが出現したと考えられます。

 

骨盤の前傾や後傾の動きと股関節や脊椎 | 竹虎接骨院

 

 

腰椎の後弯は、年を重ねて、骨密度が低くなった時に

 

圧迫骨折を起こしやすい歪み方です。

 

 

痛みを早急に取る為に、鍼治療も併用していきます。

 

 

まず、痛みがでている筋肉の緊張を取って行きます。

脊柱起立筋、腰方形筋の緊張が強くでていました。

 

また、骨盤の後傾が強いので、ハムストリングスの緊張を取り

 

ストレッチを加え可動域を広げて行きます。

 

 

続いて鍼治療を行っていきます。

 

経絡テストを行い

 

反応のあるツボを見つけていきます。

 

鍼をするのは

 

大腸兪、腎兪、右腰帯点

 

少し、響きがでる程度の刺激をいれていきます。

 

 

治療後、可動域は広がったものの

 

回旋時の痛みが残るので翌日にもう一度来院してもらいました。

 

一晩たつと、痛みが軽くなったようで、

 

2回目の治療は、

 

筋肉の緊張を取りながら

 

骨盤の後傾を調整していきました。

 

これで1週間、経過をみてもらい

 

1週間後に3回目の治療をおこないました。

 

痛みは完全になくなったようです。

 

3回目の治療で治癒となりました。

 

 

 

ぎっくり腰は、よく癖になると言いますが

 

癖になるわけではありません。

 

よくぎっくり腰になる方は、生活習慣に問題がある人がほとんどです。

 

姿勢が悪い

不規則な生活

過度の力仕事

同じ姿勢が多い

 

など、これらを改善するだけで、ぎっくり腰の頻度は減らせます。

 

ご自身で気をつけても、治らない場合は

 

骨盤や背骨の歪み、筋肉の低下が原因となる場合があります。

 

 

辛いぎっくり腰、お困りの方は是非ご相談ください。

 

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2020.10.02

page top