ブログ

寝れない背中の痛み


60男性

右肩から背中(肩甲骨の内側)にかけての痛みで来院されました。

 

症状は、右頚部から右腕にかけて鈍痛があり

 

夜間、寝るときも背中が下側になると痛みがあり

 

寝むれない日が続いているとのことです。

 

肩の可動域は狭くなっており、

 

肩の屈曲が正常可動域180度のところ160度でした。

(バンサイをした時に腕が耳に付かず、まっすぐに挙がりきらない状態です。)

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b01

 

 

五十肩のように、関節部に痛みが無く

 

肩の筋肉に痛みがでています。

 

仕事柄、バイクに乗っている事が多く

 

ストレスも溜まり、なかなか寝付けないそうです。

 

 

 

痛みの原因は、

 

長時間同じ姿勢でいる事。

 

睡眠不足による身体の休息が取れていない事。

 

 

これらによって、交感神経が高まり、

 

筋肉や神経が過敏になる為に痛みがでてきます。

 

またこの方の場合、

 

頸椎の湾曲が無くなり、

 

ストレートネックになっているのも原因の一つになります。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b02

 

 

本来、首の骨は7つあり、それが弓なりに湾曲して繋がっています。

 

 

弓なりになることで、頭の重みを分散させる働きがあります。

 

ストレートネックになると、

 

湾曲がなくなり斜めに前方へまっすぐとなり、

 

頭の重さが首の筋肉の負担となります。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b03

 

 

 

治療は、

 

僧帽筋から行っていきます。

一番、表層にあり大きい筋肉です。

 

そして肩、肩甲骨の位置を調整する為に

 

小胸筋、斜角筋、肩甲挙筋、前鋸筋の緊張をとっていきます。

 

 

最後に、肩甲肋骨関節のストレッチ、頸椎の調整をして終わりました。

 

 

1回目の治療で、腕の鈍痛は無くなり

 

2回目の治療で、寝た時の痛みは無くなり

 

3回目の治療で、完全に痛みが無くなりました。

 

 

自宅でできるストレッチと

 

正しい枕の使い方をお伝えして終える事ができました。

 

 

 

今回の方は、早めに治療を終えることが出来ました。

 

症状が酷い場合は、治療の回数が増える場合もあります。

 

 

酷くなる前に、是非ご相談ください。

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2020.08.07

page top