ブログ

仰向けで寝る際の背部、腰部の痛み


20代 男性

以前から背中の痛みがあり

 

徐々に痛みが強くなり、

 

寝る時も痛みが治まらず、

 

市販の痛み止めを飲まないと眠れないとの事で来院されました。

 

痛みの広範囲で首から背中、腰と背部全体の痛みを訴えています。

 

頚部屈曲(首を下に傾ける)すると背部から腰部にまで痛みがあります。

 

肩の可動域も狭く、手を挙げても耳に腕が付かない状態です(屈曲160度)。

 

 

体型はかなりの筋肉質で、柔道を週に3回かなりハードにされています。

 

以前までは、痛みが出ると練習を休めば痛みが取れていたそうですが、

 

最近は休んでも痛みが取れないようです。

 

 

痛みの原因は、筋肉の緊張と筋膜の癒着です。

 

筋肉に損傷がある場合は、痛みが「ここ」という場所にあります。

 

この方の場合、そのような限局的な痛みは無く、

 

広範囲での痛みですので、筋損傷では無く筋膜が原因の痛みです。

 

 

痛みが出る過程としては、

 

練習による筋肉疲労

筋肉の緊張(柔軟性の低下)

⇩ 

筋膜の癒着

 

 

という風に症状が悪化したと考えられます。

 

 

各部を検査していくと

 

広背筋の緊張が一番強く

 

広背筋膜に原因があります。

 

筋トレ】背筋の効果的な鍛え方。背中を鍛えるトレーニングメニュー特集 | Smartlog

 

広背筋、脊柱起立筋、菱形筋といった

 

背中の筋肉を緩めながら、筋膜リリースを行って行きます。

 

筋肉が緩んできたら、

 

胸筋と三角筋の前部線維の緊張をとり

 

肩甲肋骨関節のストレッチを行います。

 

 

これで肩関節の可動域はかなり広がり

 

患者様にもスムーズに動かせるようになったとの自覚があります。

 

1週間後、もう一度来院してもらうと

 

背中の痛みは、ほぼなくなり

 

首に張る感じが残るとの事です。

 

1回目と同様の治療を行い、痛みを完全に取って行きます。

 

どんなスポーツでも、疲労が溜まってくると

 

筋肉が硬くなり、それが怪我の元になります。

 

それが年齢とともに硬くなりやすいので

 

学生の時の様な練習ばかりしていると

 

故障の原因にもなります。

 

年齢を重ねると、回復が遅れたり、筋肉の柔軟性が落ちてしまいます。

 

末永く、趣味を続けて行くには、身体のケアが重要になります。

 

当院では、そのようなアフターケアの施術しています。

 

お困りの方は是非、ご相談ください。

 

姫路の鍼灸治療・パーソナルトレーニング、吸い玉治療はふくもと鍼灸整骨院にご相談下さい。


院名:ふくもと鍼灸整骨院

住所:〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

TEL/FAX:079-297-7677

営業時間 :【予約優先制】月~金曜日 / 9:00~13:00、15:00~20:00 土曜日 / 9:00~13:00 定休日:日曜日・祝日

施術内容:鍼灸治療 / 自費治療 / パーソナルトレーニング「ふくトレ」 / 保険治療

2020.09.08

page top